永遠の決闘者のブログ

遊戯王に関する考察、ネタ、気ままにいろいろ載せていきます。たまに短編も書いていくかも。ほかに艦これ、FGOもやってます。

プレミアムパック19 解説SS ARC-V編 (遊戯王x艦これ)

提督「ついにこれで最後だ」

響「ARC-Vのカードだね」

電「楽しみなのです!」

雷「司令官!早くみましょう!」

提督「おう!さっそk「みつけたわ!」」

全員「?」

暁「ようやく見つけたわよ!」

雷「あら、暁じゃない?どうしたのよ?」

暁「どうしたの?じゃないわよ!遠征から帰ってきたら部屋に誰もいないし!」

暁「待ってても誰も帰ってこないし!探し回ってみたら、なんか楽しそうなことしてるし!」

暁「暁だけ仲間外れにするなんて!」ぷんすか

電「はわわ・・・暁ちゃん誤解なのです」

雷「そうよ!仲間外れだなんて!」

提督「・・・暁」

暁「な、なによ司令官・・・」タジ

提督「暁、・・・さすがだ」

暁「・・・へ?」

雷・電・響「???」

提督「『主役は遅れて登場する』」

提督「これを自ら実践するとは・・・その心意気、俺は感服したぞ」

提督「まさしくヒロイン、いやレディといったところか」

提督「最後を飾るに相応しい登場だった、

提督「さすがは暁型1番艦にして長女、暁だ」

提督「これで最後の解説も大いに盛り上がるだろう」

暁「え?あ・・・うん・・・そ、そうよ!当然よ!暁は立派なれでぃーなんだから!」

提督「よし、それでは主役も揃ったことだし・・・暁、カードを見ていくぞ!」

暁「任せて司令官!」

提督(チョロイ)

雷(ちょろいわね)

電(ちょろいのです)

響(ちょろいね)

 

提督「それじゃあ恒例のまずはモンスターからだ!」

 

提督「EMバラードだ!」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160055j:plain

暁「ペンデュラムモンスターね!」

提督「ペンデュラムモンスターはモンスター効果とペンデュラム効果があるのが特徴だ」

提督「ペンデュラム効果はEMが相手と戦闘を行うときに相手の攻撃力を600ダウンする」

提督「そしてモンスター効果はEMが攻撃した後、相手モンスターの攻撃力をそのEMの攻撃力分ダウンさせる効果だ」

雷「どちらも相手を弱体化させる効果ね」

提督「相手を戦闘破壊をしやすくなるから、戦闘破壊で効果を発動させるEMヘイタイガーやハンサムライガー、ダメージを倍にするオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン等相性がいいな」

 

提督「お次は同じくEMバラクーダだ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160131j:plain

提督「ペンデュラム効果はEMが相手と戦闘するとき、その相手モンスターの攻撃力は元々の攻撃力の差分だけダウンする」

提督「モンスター効果はEMモンスターの攻撃力を、その元々の攻撃力との差分だけアップさせる効果だ」

暁「???」

響「司令官もうちょっと詳しく」

提督「ああ」

提督「モンスターの攻撃力、守備力というのは自身や他のカードの効果で変化することがある」

提督「さっきのEMバラードのようにな」

提督「このカードに書かれている「元々の攻撃力の差分」というのはこれらの効果でモンスターの攻守が変化しているとき、そのモンスターカードに記載されている数値から増減してる分の差の数値のことだ」

電「ということはこのカードは単体ではあまり意味はないのですね?」

提督「その通りだ、バラクーダのどちらの効果も他のカードと組み合わせて初めてその威力を発揮する、コンボ向けのカードだな」

 

 

提督「さて、お次もペンデュラムモンスターだが、また一味違うぞ」

提督「ペンデュラム・チューナーモンスター、SRドミノバタフライだ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160158j:plain

提督「モンスター効果はシンクロ素材に使うときの制限だ。このカードは風属性のドラゴン族か機械族のシンクロモンスターの召喚にしか使えない」

提督「そしてエクストラデッキから出されたこのカードはシンクロ召喚に使用されたら除外される」

提督「そしてペンデュラム効果は手札の風属性を捨てて、除外されている風属性モンスターを手札に加える効果だ」

響「間接的に自身の効果を補完しあってるね」

提督「そうだな、除外されてももう一枚このカードを持っていれば、ペンデュラム効果で除外された最初の一枚を持ってこれる」

提督「そしてシンクロ先の制限もSRで使うならさほど気にならないだろう」

 

 

提督「最後のモンスターは融合モンスター、デストーイ・デアデビルだ!」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160229j:plain

提督「効果は戦闘で相手モンスターを破壊したら相手に1000ポイントのダメージを与え、自身が場から離れたら自分の墓地のデストーイモンスターの数x500のダメージを与える」

暁「攻撃力3000もあるじゃない!?」

雷「しかも素材指定がだいぶゆるゆるなのです!」

提督「結構手軽に出せるデストーイだから、ファーニマルデッキにはすぐ入れられるだろうな」

雷「卯月がまたつけあがるわね」

 

提督「続いては魔法だ、デストーイ・リニッチ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160306j:plain

提督「効果はいたってシンプル、墓地のデストーイを蘇生する」

提督「そして墓地のこのカードを除外し、除外されている「ファーニマル」か「デストーイ」モンスターを墓地に戻す」

響「墓地に戻してまた蘇生するってことかな?」

暁「でもそもそも都合よく除外なんてされるのかしら?」

雷「ファーニマルには墓地融合する魔玩具融合があるわ」

雷「この時素材は除外されちゃうの」

響「なるほど、そしてもう一度墓地融合も狙えるわけだね」

 

提督「話に上がった融合だが、これも新しい融合カードだ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160330j:plain

提督「ペンデュラム・フュージョン

提督「効果は一見、自分フィールド上に限定された融合だがペンデュラムゾーンにカードが2枚セッティングされていればそれらも素材にできる」

雷「これでペンデュラムを使うデッキに融合ギミックも入れられるようになるわね!」

提督「そうだな、魔術師やオッドアイズでは元々融合召喚も入れられたから、これもすんなり入るはずだ」

 

提督「最後を飾るのは罠カードR・R・Rだ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160358j:plain

提督「自分の場のRRモンスター1体の同名モンスターをデッキから特殊召喚する効果だ。そしてそのモンスターがいる限り、相手はオリジナルのRRを攻撃・効果の対象にできない」

提督「RRはエクシーズ召喚が主体だから同じレベルのモンスターを並べることで戦術を決めやすくなるな」

暁「もしもの時は相手ターンに使って壁にも使えるわね!」

提督「その通り、攻撃の起点、咄嗟の防御にも使える面白いカードだ」

 

雷「これで全部ね!」

響「あっという間だったね」

電「電は途中からだったけど楽しかったのです!」

暁「最初のほうのカードも見たいわ!」

提督「よしよし、それじゃあみんなにカードを配って軽くデュエル大会でもするか!」

暁・響・雷・電「「「「おー(なのです)」」」」

 

 

 

 

???「へぇ、そんな余裕があるんですか提督?」

 

 

 

提督「は!?その声は・・・!?」

大淀「提督にはまだデイリー任務にウィークリー任務、はては書類も溜まっています。デュエルする暇などないかと思われますが?」

提督「いや・・・でもせっかく買ってきたんだし、みんなに配ってこないと・・・」

大淀「ではそれは第六駆逐隊の方々にお任せして、提督は速やかに執務へ」

暁「司令官!暁たちに任せて!」

電「安心してお仕事してくださいなのです」

響「ハラショー」

提督「くっ・・・い、雷・・・」

雷「ごめんね司令官!私もデッキ作らなきゃ!」

提督「」

 

大淀「では行きましょう提督」

提督「くっそー!!」

 

 

おわり。