読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の決闘者のブログ

遊戯王に関する考察、ネタ、気ままにいろいろ載せていきます。たまに短編も書いていくかも。ほかに艦これ、FGOもやってます。

プレミアムパック19 解説SS 5Ds編 (遊戯王x艦これ)

提督「それじゃあ漫画版5Dsのカードを見ていくぞ!」

雷「おー!」

響「おー」

提督・雷「!?」

響「?」

雷「響!?いつの間に!?」

響「たったいま来たところだよ」

提督「声くらいかけろよ・・・ビックリした」

響「ドアが開けっぱなしだったし、二人とも夢中だったからね、かけづらかった」

雷「まぁいいわ!響も一緒に新カードを見ていきましょう!」

響「スパシーバ」

提督「じゃあ改めて行くぞ」

 

提督「まずはモンスターから、風来王ワイルド・ワインド」

 f:id:Eiennoduelist:20161218203334j:plain

提督「自分の場に攻撃力1500以下の悪魔族チューナーがいれば手札から特殊召喚でき、墓地に自分がいれば除外してデッキから攻撃力1500以下の悪魔族チューナーを手札に加えられる」

雷「シンクロ召喚の素材にはうってつけね!」

提督「実際漫画でジャックが使ったカードだしな、攻撃力1500以下の悪魔族チューナーもリゾネーターを意識してのものだろう」

提督「シンクロに使った後のアフターケアも備わっててなかなか優秀だ」

響「墓地に行っても新しいモンスターに転生する・・・不死鳥のようだね」キラキラ

提督(テンション上がってる・・・)

雷(それを言いたかったのかしら・・・)

 

提督「お次はシンクロモンスター、天輪の双星道士だ」

 f:id:Eiennoduelist:20161218203403j:plain

響「レベル2のシンクロチューナーだね」

提督「シンクロ召喚時に手札・墓地からレベル2モンスターを4体まで特殊召喚できる」

雷「ということは4・6・8・10のシンクロ召喚先から選べるわね」

提督「だが問題は自身もレベル2のシンクロだからな、こいつを使うとしたらレベル1のチューナーとそれ以外のレベル1モンスターもデッキに入れないといけない」

提督「かといってレベル2を入れないと肝心の効果を生かせないから構築には注意だな」

響「デュエリストとしての腕の見せ所だね」

 

提督「さて次は魔法カード、ネクロイド・シンクロ」

 f:id:Eiennoduelist:20161218203437j:plain

提督「墓地からチューナーとチューナー以外のモンスターを2体まで除外して「スターダスト」モンスターをシンクロ召喚扱いとして特殊召喚する」

雷「効果が無効になっちゃうから、なるべく攻撃力が高いのを呼び出したいわね!」

響「そうなるとスターダスト・クロニクルかスターダスト・ウォリアーかな?」

提督「そうだな、それらはフィールド外で発動する効果もあるから相性抜群だろう。だがあえてレベルの低いスターダストを呼ぶことでクエイサーやシフルを呼ぶための準備をするのもありだと思うぞ」

響「スターダスト・チャージ・ウォリアーやアサルト・ウォリアーだね」

 

提督「5Ds最後のカードは罠カード、シンクロコールだな」

 f:id:Eiennoduelist:20161218203506j:plain

提督「墓地のモンスターを蘇生させ、一気にシンクロ召喚する効果だ」

提督「シンクロ先のねらい目はやはりレッド・デーモン系だろうな」

雷「リビングデッドの呼び声と緊急同調が合わさったような効果ね!お得だわ!」

提督「ただ注意が必要なのは先ほどのネクロイド・シンクロとは違い、こっちはちゃんとしたシンクロ召喚だからシンクロ先の素材指定は無視できないからな」

雷・響「はーい」

 

提督「という感じだな」

雷「5Dsの新カードはあまりテーマに縛られていない感じね、汎用性があるというかいろんなデッキに組み込めそうだわ!」

提督「5Dsはシンクロモンスターがメインだったからな、BFとかカテゴリーがあるやつもいたが」

響「司令官、次はZexalかい?」ワクワク

提督「ああ、ここからはエクシーズモンスターだ!」

雷「かっとビングね!」

 

つづく