永遠の決闘者のブログ

遊戯王に関する考察、ネタ、気ままにいろいろ載せていきます。たまに短編も書いていくかも。ほかに艦これ、FGOもやってます。

プレミアムパック19 解説SS GX編 (遊戯王x艦これ)

雷「司令官!おかえりなさい!」

提督「雷、ただいまー」

雷「今年のジャンフェスはどうだったの?」

提督「楽しかったぞー!声優さんたちのステージもそうだが、来年の新シリーズ情報も出たからなー、いやーデュエリストにとってはたまらないイベントだ」

雷「それはよかったわ!」

提督「だが一番は今回の目的でもあるこの、、、」

雷「プレミアムパック19ね!」

提督「おう!さっそく開封してみるぞ!」

雷「待ってました!」

ーーーーーーーーーーーーー

雷「一通り開封も終わったわね!」

提督「今回のパックは漫画版で登場したカードで構成されている。まずは順番にGXから見ていくか」

雷「はーい!」

f:id:Eiennoduelist:20161218121740j:plain

提督「まずモンスターからだな、牛頭鬼」

提督「1ターンに1度のデッキからアンデット族を墓地に送る効果と、自身が墓地に送られたら墓地のアンデット族を除外して手札からアンデット族を特殊召喚できる」

雷「アンデット族専用カードね!」

提督「ほとんどのアンデットデッキは墓地にカードが増えた後真価を発揮するからな。今までモンスターを墓地に送るモンスターはマスマティシャンや終末の騎士などがいたが、これで種族を統一することも可能になった」

雷「ユニゾンビとかと一緒にすると、どんどん墓地に増えていくわね!」

提督「除外して特殊召喚もなかなか侮れない。相手ターンに破壊されても後続を展開できる」

雷「除外もするから、それを利用して『不知火』でも相性良いかもね!」

提督「そうだな、あとで不知火にも渡してやるか」

 

提督「次はV・HEROヴァイオン」

 f:id:Eiennoduelist:20161218121807j:plain

雷「V・HEROとしてデッキに入るモンスターとしてはこれが初ね!」

提督「効果としてはHERO全般のサポートだな」

提督「場に出たときにデッキからHEROを墓地に送る効果に、墓地からHEROを除外して融合を手札に加える効果だ」

雷「E・HEROにもD・HEROにも入れられるわね!」

提督「これ1枚で融合召喚の準備がほぼ整うのが強いな」

 

f:id:Eiennoduelist:20161218121841j:plain

提督「次は堕天使ユコバック」

提督「効果はいたってシンプル、場に出たときデッキから堕天使カードを墓地に送る。対象がモンスターに限られていないところが嬉しいな」

雷「下級の堕天使ね!」

提督「今までの堕天使は最上級モンスターがほとんどで手札事故になる可能性が高かったからな。通常召喚できるモンスターとして、さらには展開の下準備効果持ちとして『堕天使』デッキに入れればさらに安定性が増すだろう」

雷「恐ろしいわね!」

 

提督「次は魔法・罠カードを見ていこう。さっきの堕天使つながりで、、、堕天使降臨だ」

f:id:Eiennoduelist:20161218121913j:plain

雷「ライフを半分払って相手の場のモンスターと同レベル堕天使を墓地から2体まで蘇生できるのね!強いと思うわ!」

提督「守備表示での特殊召喚だが、相手ターンに使えば自分のターンで変更できるからな。さほど問題ではないだろう」

雷「でもライフ半分は厳しいわね・・・そう何度も使うのは・・・」

提督「・・・雷、上級堕天使の効果を忘れたか?」

雷「え?・・・あ」

提督「新しく登場した堕天使はライフ1000をコストに、墓地の「堕天使」魔法・罠カードの「効果」を使える」

提督「「発動」のコストは必要ないから、これで実質ライフコストは1000で済む」

雷「すごい!」

 

f:id:Eiennoduelist:20161218121944j:plain

提督「最後はHEROの遺産だな」

雷「3枚ドローは破格だと思うわ!」

提督「確かに」

提督「墓地に融合体が必要なため、使うには中盤以降になると思うがそれでも3枚ドローは美味しい。連続で融合召喚する軸のHEROデッキには欠かせないだろうな」

 

雷「GXからのカードは以上ね!」

雷「こうしてみると墓地に関係するカードが多い気がするわ」

提督は「そうだなー、それだけこの時代のデッキが墓地アドバンテージを重要視していたということだろう」

提督「でも過去のテーマ強化は古参としては嬉しいな」

雷「よかったわね司令官!」

提督「おう!だがまだまだ終わらないぞ!次は漫画版5Dsのカードだ!」

雷「ライディングデュエル・アクセラレーション!!」

 

 

つづく