永遠の決闘者のブログ

遊戯王に関する考察、ネタ、気ままにいろいろ載せていきます。たまに短編も書いていくかも。ほかに艦これ、FGOもやってます。

遊戯王×艦これ デュエルSS ハロウィン編

登場人物

リベッチオ

マエストラーレ級駆逐艦3番艦。海外艦。元気でお祭り好き。

 

ローマ

ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦4番艦。海外艦。厳しいが根はやさしいお姉さん。

 

清霜

夕雲型駆逐艦19番艦。リベッチオのお友達。戦艦に憧れている。

 

提督

鎮守府にて艦むすたちを指揮、まとめあげる人物。決闘者。

ノリが良い。一部の深海棲艦とも友好関係にある。

 

10月のある日

リベッチオ(以下リベ)「ふんふふ~ん♪」

リベ「できたー!」

リベ「えへへーこれで今年もバッチリだよねー!君もそう思うでしょー?」

タコヤキ(かぼちゃカラー)「」うんうん

リベ「うんうん、君も似合ってるよー」

タコヤキ(かぼちゃカラー)「」うきうき

リベ「今年はどれぐらいもらえるかなー」

???「リベ何やってるの、もう寝なさい」

リベ「あ、ローマさん!見て見てー!どうかなー?リベの衣装ー!」ガオー

ローマ「あなた、それ・・・ああ、そういえばもうすぐだったわね、ハロウィン」

リベ「そだよー!ローマさん今年も仮装するでしょ!今年はザラさんとかアクィラさんもいるからお菓子いっぱいもらえるかなー?」

ローマ「どうかしら、今は秋刀魚漁任務があるから、、、みんなハロウィンのことなんか忘れてるかもしれないわよ」

リベ「え・・・」

ローマ「現に私も今まで忘れてたし」

リベ「え、、、じゃあ仮装しないの?ローマさんも?」

ローマ「私も任務なのよ、明日も北方海域に出なきゃいけないし、
ていうかあなたもでしょう?明日早いんだからもう寝なさい」

リベ「うん・・・もうねるよ・・・おやすみなさい・・・」

ローマ「・・・おやすみ」

タコヤキ(かぼちゃカラー)「」ふよふよ

リベ「うん、まだやらないって決まったわけじゃないもんね、大丈夫だよ、きっと」

リベ「・・・もう寝よう」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

北方海域

清霜「リベちゃーんそっちはどうー?」

リベ「うーーん、秋刀魚さん居ないみたい」

清霜「そっかー、やっぱりもっと海域の奥じゃないといないのかなー?」

リベ「でもあっちのほうは重巡や戦艦の人じゃないと危ないから行っちゃダメだし」

清霜「あー、早く戦艦になりたいなぁー」

リベ鎮守府の雰囲気をみると、やっぱりみんな秋刀魚漁任務に忙しそう・・・ハロウィンのことも言い出しづらい・・・秋刀魚が早く集まれば、みんなハロウィンのこと思い出すかな?)

清霜「リベちゃん?」

リベ「え?」

清霜「どうしたのー?なんか元気ない?」

リベ「ううん、そんなんじゃないけどー」

清霜「何々、悩み事ー?あたしで良ければ聞くよー?」

リベ「うん・・・ありがとう。ねぇ、清霜ちゃん、今年のハロウィンはどうなるか知ってる?」

清霜「え?ああ、そういえばもうすぐだったね!あわわ、すっかり忘れてたよー!どうしよー!?」

リベ(やっぱりみんな忘れてるんだ)

リベ「去年みんな仮装してお菓子もらって、すっごく楽しかったから、てっきり今年もやると思ってたんだけど、みんなで忙しそうだから忘れてるかもって昨日ローマさんに言われて・・・」

清霜「うーーーん・・・」

リベ「衣装も作ってね、準備してたんだけど・・・ちょっぴり残念だなぁって・・・」

清霜「リベちゃん!あきらめちゃダメだよ!まだやらないって決まったわけじゃないし!
清霜「今からでもみんなに教えてあげようよ!もうすぐハロウィンだよーって!そうすればみんな思い出すよ!」

リベ「でも、今は大事な任務中だし・・・」

清霜「う、うーーーん・・・・そうだ!司令官!司令官にお願いしてみようよ!」

リベ「提督さんに?」

清霜「そう!司令官にお願いしてハロウィンの日は休みにしてもらうの!」

リベ「でも、そんな勝手なお願い聞いてくれるかな?」

清霜「ふふーーん!リベちゃん、司令官にお願い事があるときはアレだよ!」

リベ「あれ?」

清霜「うんうん!アレ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

別の日 執務室

リベ「提督さーん!」

清霜「しれいかーん!」

提督「おう、元気なのが来たなー」

ローマ「あなたたち、執務室に勝手に入ってきちゃダメでしょう、せめてノックしなさい、ノック」

リベ「うぇー!ローマさん、どうしてここに!?」

ローマ「今日の秘書艦は私なのよ。何?私がいちゃまずいの?」

リベ「う、うううん、そういうわけじゃないけどぉ~」

清霜「リベちゃん!がんばって!」

リベ「う、うん!リベ、提督さんにお願いがあるんだ!」

提督「うん、言ってみなさい」

リベ「実はね、あのね、リベ、ハロウィンをやりたいの!」

提督「ハロウィン?」

リベ「今、鎮守府が任務で忙しいのは知ってるけど!でもでも!リベ、すっごくハロウィン楽しみにしてて!だから提督さん、ハロウィンの日、せめて夜だけでも任務はお休みにして、みんなでハロウィンをやろう!」

清霜「ワタシからもお願い司令官!」

ローマ「・・・」

提督「お願いの内容は解った、だが知っての通り、今は任務を鎮守府全体で行っている最中だ、そんな急な予定変更はできない」

ローマ「提督・・・」

リベ「うん、そういうと思ってたよ・・・だからリベ、提督さんに・・・・デュエルを挑むよ!」

提督「ほう・・・俺とデュエルを?」

リベ「うん!私が勝ったら、みんなでハロウィンをやらせてもらう!もし負けたら、もうハロウィンのことは言わない!あとなんでもいうこと聞く!どう?提督さん?」

提督「いいだろう、そこまでの覚悟があるならその勝負、受けてたとう」

ローマ「リb「ローマ」

提督「・・・」目配せ

ローマ「・・・」はぁ~

提督「だが手加減はしないぞ?デュエルにおいて俺は優しくないからな」

リベ「うん、わかってるよ。絶対負けない!」

清霜「リベちゃん!頑張って!」

提督「気合十分だな、お前のハロウィンへの想い。どこまでのものか見せてみろ!」

リベ「それじゃあ・・・」

リベ・提督「「デュエル!!」」

Libeccio VS Admiral

Libeccio LP4000 手札5

リベ「リベの先行!まずはフィールド魔法、「ゴーストリック・パレード」を発動!」

ローマ(モンスターが行進してる・・・)

提督(ハロウィンをしたいというリベの想いの表れか・・・)

リベ「ターンエンド!」

提督「まずは様子見といったところか!俺のターン、ドロー!」

Admiral LP4000 手札6

提督「俺のモンスターはこいつだ、「ゴースト姫ーパンプリンセスー」!」

ローマ(あのモンスターは・・・)

清霜「わぁー!かぼちゃのお化けだー!かわいい!」

f:id:Eiennoduelist:20161030180138j:plain

提督「バトルだ!パンプリンセスでリベにダイレクトアタック!」

リベ「この瞬間!リベは「ゴーストリック・パレード」の効果を発動!」

f:id:Eiennoduelist:20161030180056j:plain

リベ「続けて手札のゴーストリック・ランタンの効果発動!

提督「ほう・・・」

清霜「リベちゃんもかぼちゃだー!」

リベ「ランタンの効果で直接攻撃を無効!そして自身を裏守備で特殊召喚!」

f:id:Eiennoduelist:20161030180116j:plain

リベ「その後、パレードでデッキから「ゴーストリック・マミー」を手札に加えるよー!」

提督「ならバトルは終了だな、俺は魔法・罠ゾーンにカードを2枚伏せてターン終了だ」

リベ「リベのターン!ドロー!」

Libeccio LP4000 手札5

リベ「リベはランタンを反転召喚して表側攻撃表示に!」

リベ「そして手札から「ゴーストリック・マミー」を召喚!」

f:id:Eiennoduelist:20161030181013j:plain

リベ「マミーがいるとき、ゴーストリックをもう1体召喚できるよ!」

リベ「続けてゴーストリック・フロストを召喚!」

ローマ(レベル1のモンスターが2体・・・)

リベ「いっくよー!リベはレベル1のランタンとフロストで、オーバーレイネットワークを構築!」

リベ「『飛び出てビックリ!首なしナイトのお通りだー!エクシーズ召喚!』」

リベ「じゃーん!ランク1、「ゴーストリック・デュラハン」!」

f:id:Eiennoduelist:20161030180203j:plain

リベデュラハンは場のゴーストリックカード1枚につき、攻撃力が200ポイントアップするよー!」

提督(場には自身を含めて3枚、600ポイントのアップか)

リベ「そして手札から新しいフィールド魔法、「ゴーストリック・ハウス」を発動!」

f:id:Eiennoduelist:20161030182954j:plain

リベ「これで提督さんにもダメージが通る!バトルだよー!」

リベ「まずはマミーでパンプリンセスに攻撃ー!」

提督「よかろう、何も発動はしない」

リベ「ならこの時に、デュラハンの効果を発動!」

リベ「オーバーレイユニットを一つ使って、パンプリンセスの攻撃力を半分にするよー!」

ATK1600(デュラハン効果適用中) vs ATK450(デュラハン効果適用中)

提督 LP4000➔LP2850

リベ「続けてマミーで提督さんにダイレクトアターック!」

提督「ぐっ・・・」

提督 LP2850➔LP1350

リベ「ヤター!このまま押し切るよー!ターンエンド!」

清霜「いいよー!リベちゃん!がんばってー!」

提督「やるなリベ、だが俺もそう簡単にやられるわけにはいかない・・・ドロー!」

Admiral LP1350 手札4

提督「手札の魔法カード、「悪魔への貢物」発動!」

提督「お前のデュラハンを墓地におくり・・・」

提督「手札から鎧武者ゾンビを特殊召喚!」

清霜「うえー!ゾンビだー!」

リベ「でも、攻撃力はマミーと同じ・・・」

リベ「ってあれ!?攻撃力が下がってる!?なんで!?」

提督「それはな、パンプリンセスの効果が発動していたのさ」

提督「パンプリンセスはモンスターカードゾーンで破壊された場合、永続魔法扱いとして場に残り続けることができる」

提督「そしてスタンバイフェイズごとにカウンターが置かれ、その個数×100ポイントの数値がリベ、お前のモンスターの攻撃力・守備力から引かれる」

リベ「そうだったんだ・・・」

ローマ(ちゃんとテキスト読みなさい・・・)

リベデュラハンがやられちゃった・・・でもデュラハンの効果発動!」

リベ「墓地からゴーストリック・ランタンを手札に加えるよ!」

提督「いいだろう、だがまだだ!」

提督「手札から融合を発動!」

リベ「融合!?」

提督「残りの手札、マーダーサーカス・ゾンビと、場の鎧武者ゾンビを融合!」

提督「『二体の亡者の魂が、冥界の主を呼びさます・・・冥界の扉を破り、現れよ!』」

提督融合召喚!!」

提督「いでよ、「冥界龍 ドラゴネクロ」!!」

f:id:Eiennoduelist:20161030180255j:plain

清霜「攻撃力3000!?」

提督「行くぞリベ!ドラゴネクロでゴーストリック・マミーに攻撃!」

『ソウル・クランチ』!

ATK3000 vs ATK1400(パンプリンセス効果適用中)

リベ「うわー!!?」

リベ LP4000➔LP3200(ゴーストリック・ハウスによってダメージ半減)

清霜「あわわ・・・マミーがやられ・・・てない?」

提督「ドラゴネクロは相手モンスターとの戦闘ではモンスターを破壊できない」

提督「だがその代わり、ダメージステップ終了時にその相手モンスターの魂を抜き取る」

清霜「魂を抜き取る!?」

提督「魂を抜き取られたモンスターは攻撃力が0になり、その魂は俺の場に特殊召喚される・・・」

ダークソウルトークン(ゴーストリック・マミー)
アンデット族・闇・レベル3・攻1500 守0

清霜「マミーが提督さんの場に!?しかもなんか悪そうになってるー!?」

提督「続けてバトルだ!ダークソウルトークンでゴーストリック・マミーに攻撃!」

ATK1500 vs ATK0

リベ LP3200➔LP2450

リベ「う~、やられちゃったよ~」

提督「(手札のランタンは温存したか・・・)俺はこのままターンを終了。どうしたリベ、もう終わりか?」

リベ「全然!これからだもん!リベの本気、見せてあげるね!」

リベ「リベのターン、ドロー!」

リベ(来た!)

Libeccio LP2450 手札4

提督「このスタンバイフェイズに、永続魔法となっているパンプリンセスにカウンターがおかれる」

リベ(これでリベが出すモンスターの攻守が200ポイント下がる・・・)

リベ「それでも行くよ、提督さん!リベは魔法カード、「死者蘇生」を発動!」

リベ「戻ってきて、マミー!そして「ゴーストリック・ワーウルフ」を召喚!」

ローマ(今度はレベル3が2体・・・)

リベ「私はレベル3のゴーストリック・マミーと、ワーウルフの2体でオーバーレイネットワークを構築!」

リベ「『現れ、消えて、まぁビックリ!お化け貴族の登場です!エクシーズ召喚!』」

リベ「じゃじゃじゃーん!ランク3、「ゴーストリック・アルカード」!」

f:id:Eiennoduelist:20161030180320j:plain

リベ「そしてこれが最後のカード!魔法カード「闇の護封剣」を発動!」

リベ「これにより、ドラゴネクロを裏守備表示に変更するよ!」

リベ「おまけにこのカードがある間、表示形式の変更ができなくなるんだ!」

提督(つまり次のターンが来てもドラゴネクロは裏守備のまま)

清霜「うまい!これで司令官の場に表側表示のモンスターはいない!ゴーストリック・ハウスの効果で直接攻撃できる!」

リベ「バトル!アルカードで提督さんにダイレクトアターック!!」

清霜「やった!これでリベちゃんの勝ち!」

提督「・・・それはどうかな?」

リベ・清霜「「えっ」」

提督「俺は場に伏せていた罠カード、「リビングデッドの呼び声」を発動!」

提督「これにより、墓地から鎧武者ゾンビを攻撃表示で復活!」

提督「表側表示のモンスターが出現したことで、もうアルカードは直接攻撃できない」

リベ「う~、仕方ない!そのまま鎧武者に攻撃するよ!」

ATK1600(パンプリンセス効果適用中) vs ATK1500

提督 LP1350➔LP1250

リベ「バトルは終了・・・、でもアルカードの効果を発動するよ!」

リベ「オーバーレイユニット1つ使って・・・提督さんの残りの魔法・罠ゾーンにある伏せカードを対象、破壊する!」

提督「ならばその対象となったカードを発動!「融合準備」!」

提督「俺はエクストラデッキの「金色の魔象」を見せることでデッキから「ドラゴン・ゾンビ」を手札に加える!」

提督「そして墓地の「融合」も手札に加えよう」

リベ「ターンエンドだよ!」

清霜「うわ~、惜しかったな~、でもまだ手札にランタンも、闇の護封剣もあるし全然大丈夫だよね!」

ローマ(どうかしらね・・・)

提督「俺のターン、ドロー!」

Admiral LP1250 手札3

提督「・・・このスタンバイフェイズにまたパンプリンセスにカウンターが乗る」

提督「そして俺は手札から魔法カード・・・」

提督「「手札抹殺」を発動する!」

リベ「手札抹殺!?」

提督「お互いに手札をすべて捨てて、捨てた分だけデッキからドローする、俺は2枚」

リベ「リベは1枚・・・➔(ゴーストリック・ランタン)」

提督「・・・速攻魔法、「ツインツイスター」を発動する!」

ローマ(ここにきてツインツイスター!)

提督「手札1枚をコストに、その効果でフィールド魔法、「ゴーストリック・ハウス」と「闇の護封剣」を破壊する!」

リベ「ああ!?」

提督「これでドラゴネクロを縛るものは消えた!ドラゴネクロを反転召喚!!」

提督「バトルだリベ!ドラゴネクロでアルカードに攻撃!」

ローマ(手札抹殺によって交換したカードが、もしまたランタンなら、まだ・・・)

リベ「・・・・・・・」

リベ「・・・何も、ないよ」

提督「・・・ならばバトル続行、この時アルカードは破壊されず、攻撃力はゼロになる」

ATK3000 vs ATK1500(パンプリンセス効果適用中)

リベLP2450➔LP950

提督「そしてトークンが生成される・・・」

リベ「・・・・・・」

清霜「リベちゃん・・・」

ローマ(終わりね・・・)

提督「ダークソウルトークンで、アルカードに攻撃だ」

リベ(あぁ、提督さんやっぱり強いなぁ・・・)

リベ(しょうがないか・・・元からリベのわがままだったし・・・)

リベ(・・・でも、でもやっぱりリベ・・・ハロウィン・・・やりたかったなぁ・・・)

手札:「ゴーストリック・パレード」

リベLP950➔LP0

ーーーーーーーーーーーーーーー

リベ「・・・あははは~、リベ負けちゃった~」

清霜「リベちゃん・・・」

リベ「大丈夫だよ、清霜ちゃん!ハロウィンは来年もあるし!今年は任務頑張ろう?」

ローマ「リベ・・・」

リベ「ローマさんも提督さんも、わがまま言ってごめんね?リベ、ちゃーんと頑張って秋刀魚さん集めるよ!見ててね!」

提督「・・・そうだな、リベには引き続き近海での秋刀魚漁任務に出てもらう」

提督「そして先ほどのデュエルの条件で、新たな任務も同時に兼用してもらう」

清霜「ッ・・・司令官!」

リベ「いいんだよ清霜ちゃん、それが条件だったし、負けたらなんでもいうこと聞くって」

提督「では駆逐艦リベッチオに新たな任務を言い渡す。本日付けで貴艦を「鎮守府ハロウィン実行委員」旗艦に任命する。秋刀魚漁任務より帰還後、すぐに鎮守府内の準備に取り掛かれ。以上だ」

リベ「・・・へ?」

清霜「司令官、それって!」

ローマ「どうしたのリベッチオ?聞こえたでしょ、解ったなら返事をしなさい」

リベ「え・・・あ、でも・・リベ、デュエルに負けて・・・ハロウィンはもう・・・」

提督「私は一言もハロウィンはやらないなんて言ってないぞ?」

リベ「え?」

提督「秋刀魚漁で忙しいのは確かだが、期限までまだ少しあるし、一日ぐらい息抜きも必要だ。だからすでに31日はハロウィンとして鎮守府は休みの予定だ」

リベ「あ・・・」

ハロウィンのせめて夜だけでも任務はお休みにして

急な予定変更はできない

ローマ「一日休みのはずが、夜だけ休みになったら苦情がきかねないわね」

リベ・清霜((だ、だまされたー!))

提督「私も実は最近まで忘れていたんだが、とあるツンデレ戦艦が教えてくれてな、「かわいいかわいい私の駆逐艦がハロウィンを楽しみにしてるから、今年もやるでしょう?」ってな」

清霜「やっぱ戦艦ってすごーい!」

リベ「・・・ハロウィン・・・できるんだ」

提督「ああ、心配するな」

リベ「やった・・・ヤターーー!!提督さん、ありがとーー!!」

清霜「もうー司令官!そうならそうと早く言ってよーー!!」

提督「ははは、ハロウィン前のちょっとした悪戯だ!」

\ギャーギャー/

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

数日後 執務室

ローマ「提督、紅茶です」

提督「あぁ、ありがとう。あれからリベはどうだ?」

ローマ「以前より張り切ってるわ。清霜と一緒に任務から帰って早々に飾りの準備。

それを手伝ってるおかげで私や姉さんも寝不足」

提督「そうかそうか、とあるツンデレ戦艦さんも大変だな」

ローマ「誰がツンデレよ。それに私、「かわいいかわいい私の」なんて言ってないわ」

提督「まさかあのローマが直談判に来るとはなぁ、しかもリベのために秘書艦も買って出るとはあの時は驚いたよ」

ローマ「別に・・・やらないとあの子の士気にかかわると思ったからよ」

提督「まぁ、そういうことにしておこう、おかげでハロウィンまでには書類も終わりそうだし」

ローマ「提督こそリベに甘いんじゃないの?あんなデュエルまでして」

提督「ん?」

ローマ「かぼちゃモンスターに、ゾンビ、おまけに悪魔への貢物って、まんまハロウィン意識してるじゃない。あの子たちは気づいてなかったみたいだけど」

提督「ははは、やっぱりバレてたかー」

ローマ「当然よ」

提督「でも見てて面白かっただろ?おかげでリベの本気も見れた」

ローマ「普段からあれぐらい任務に本気になってほしいけどね、あの子」

提督「そういえば、リベはどうしてあそこまでハロウィンを楽しみにしてるんだ?お国柄か?」

ローマ「あら、提督、気づいてなかったの?」

提督「?」

ローマ「あの子がここに来て、初めてのお祭りがハロウィンだったのよ。そこから清霜とも仲良くなったし、だからハロウィンには人一倍思い入れがあるのよ」

提督「なるほどなー、それを聞いたらやっぱり来年もハロウィンやらないとな!」

ローマ「あくまで任務優先でお願いね・・・」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハロウィン当日

リベ「よーし!準備オッケー!」

リベ「清霜ちゃん、どう?」

清霜「こっちもオッケーだよ!バッチリ!」

リベ「よーし、それじゃあ今年もハロウィン始めちゃおう!」

清霜「まずはどこ行く?」

リベ「やっぱり最初は提督さんのところ!きっとローマさんもいるから!」

清霜「よーっし!それじゃあ、しゅっぱーつ!」

リベ「オーーー!!」

 

提督さん!トリック・オア・トリート!!♪

 

f:id:Eiennoduelist:20161030180401p:plain

 

 

おわり