永遠の決闘者のブログ

遊戯王に関する考察、ネタ、気ままにいろいろ載せていきます。たまに短編も書いていくかも。ほかに艦これ、FGOもやってます。

遊戯王x艦これ デュエルSS 第2話 演習不可避!?陽炎&不知火vs神通 (後編)

デュエル場


不知火「何故こんなことに…」

陽炎「諦めなさい」

不知火「もう少し良い案はなかったんですか」

陽炎「咄嗟だったんだから仕方ないでしょ!」

陽炎「演習はなくなったんだから文句言わない!」



神通「二人とも来ましたね」

陽炎「神通さん、御相手ありがとうございます!」

不知火「宜しくお願いします」

神通「はい、こちらこそ宜しくお願いします」

神通「さっそく始めましょう」

陽炎「はい!じゃあ私から…」

神通「いえ、二人同時で良いですよ」

不知火「!」

陽炎「同時!?」

神通「そちらのほうが効率が良いでしょう」

神通「もちろん手加減無用ですよ」

不知火(良いのでしょうか?)ヒソヒソ

陽炎(本人が良いって言ってるんだし…)ヒソヒソ

陽炎(それにこれは神通さんに勝てるチャンスかもしれないわよ)ヒソヒソ

不知火(二対一で勝っても自慢にならないと思いますが…)ヒソヒソ

陽炎(つべこべ言わずやるわよ!いい!?)

不知火(…どうなっても知りませんよ?)

陽炎「それでは御言葉に甘えて!」

神通「はい、それでは…」

不知火「はい…」

神通・陽炎・不知火 「「「デュエル!!!」」」

神通 vs 陽炎・不知火 (変則タッグデュエル)

神通 LP4000

陽炎 LP4000
不知火 LP4000

不知火「先攻は不知火から行きます!」

不知火 手札5 LP4000

不知火「モンスターを裏守備でセット!」

不知火「カードを1枚伏せてターンエンド」

神通「私のターン、ドローします」

神通 手札6 LP4000

神通「まずは魔法カード、おろかな埋葬を発動」

おろかな埋葬
通常魔法
(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。

神通「この効果でデッキから『ダンディライオン』を墓地に送ります」

神通「これによりダンディライオンの効果が発動」

ダンディライオン
星3/地属性/植物族/攻 300/守 300
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動する。 自分フィールドに「綿毛トークン」 (植物族・風・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。 このトークンは特殊召喚されたターン、アドバンス召喚のためにはリリースできない。

神通「綿毛トークンを2体特殊召喚

神通「そして魔法カード『フレグランス・ストーム』発動」

フレグランス・ストーム
通常魔法
フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体を破壊し、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
さらに、この効果でドローしたカードが植物族モンスターだった場合、そのカードをお互いに確認し自分はカードをもう1枚ドローする事ができる。

神通「綿毛トークン1体を破壊してカードをドロー、」

神通「引いたカードは『フェニキシアン・クラスター・アマリリス』、植物族モンスターなので追加ドローさせてもらいます」

神通「続いて永続魔法『種子弾丸』、これを2枚発動します」

種子弾丸
永続魔法
植物族モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚される度に、 このカードにプラントカウンターを1つ置く(最大5つまで)。 フィールド上に存在するこのカードを墓地へ送る事で、 このカードに乗っているプラントカウンターの数 ×500ポイントダメージを相手ライフに与える。

神通「さらに残りの綿毛トークンをリリースし、『超栄養太陽』を発動!」

超栄養太陽
永続魔法
自分フィールド上のレベル2以下の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ植物族モンスター1体を、 手札・デッキから特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。 そのモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

神通「デッキから『ローンファイア・ブロッサム』を特殊召喚します」

神通「と同時に種子弾丸にカウンターが乗ります」

種子弾丸→プラントカウンター 1

神通「まだです、ローンファイア・ブロッサムの効果発動」

神通「自身をリリースして、デッキから新たなローンファイア・ブロッサムを特殊召喚

ローンファイア・ブロッサム
星3/炎属性/植物族/攻 500/守1400
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する 植物族モンスター1体をリリースして発動できる。 デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。

神通「これを次のローンファイアでも繰り返し、3体目のローンファイア・ブロッサムの効果で、最後は『フェニキシアン・シード』を特殊召喚します」

陽炎(え、めっちゃ回ってる…)

不知火(これはまずいのでは…)

神通「フェニキシアン・シードの効果」

神通「手札の『フェニキシアン・クラスター・アマリリス』を攻撃表示で特殊召喚!」

フェニキシアン・シード
星2/炎属性/植物族/攻 800/守 0
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送って発動できる。 手札から「フェニキシアン・クラスター・アマリリス」1体を特殊召喚する。

フェニキシアン・クラスター・アマリリス
星8/炎属性/植物族/攻2200/守 0
このカードは「フェニキシアン・シード」またはこのカードの効果でしか特殊召喚できない。
このカードは攻撃した場合、そのダメージ計算後に破壊される。
自分フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、 相手ライフに800ポイントダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ時、 このカード以外の自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外する事で、 このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。

神通「そしてここで私の『種子弾丸』それぞれにカウンターが上限の5個乗りました…」

神通「『種子弾丸』の効果発動!」

神通「陽炎、不知火それぞれに2500のダメージを与えます!」

陽炎「なっ!?」

不知火「ぐっ…!」

陽炎 LP4000→1500

不知火 LP4000→1500

陽炎(ちょ、ええ!?まだ私のターン回ってきてないんだけど!?もうライフが半分以下に!?)

不知火(さすが神通さん…、)

神通「まだ終わりではありません、バトルです」

神通「アマリリスで、不知火の伏せモンスターに攻撃!」

不知火「!不知火は罠カード発動!『聖なるバリアーミラーフォース』!」

不知火「これで攻撃表示モンスターを破壊します!」

不知火(これで神通さんの場を空け、次の陽炎のターンに繋げる!)

神通「相手の攻撃に対して罠を張る…、常套手段です、が」

神通「それは悪手です」

神通「アマリリスの効果発動!破壊されたとき、相手に800のダメージを与えます!」

不知火「!?」

神通「陽炎に800ダメージ!」

陽炎「アタシ!?」

LP1500→700

神通「ちなみにアマリリスは攻撃後、自身を破壊する効果を持っています。結果は変わりませんでした」

不知火「…」

神通「私はバトルを終了し、メインフェイズへ」

神通「カードを1枚伏せて、ターン終了時、」

神通「墓地のアマリリスの効果を使い、フェニキシアン・シードを除外してアマリリスを復活させます」

陽炎「蘇生能力も持ってるなんて…」

不知火「破壊すればまたダメージ…」

陽炎「悩んでたって仕方ないわ!私のターンで挽回よ!」

陽炎「ドロー!」

神通「罠発動」

陽炎「へ?」

神通「『破壊指輪』」

神通「アマリリスを破壊し、お互い1000ポイントのダメージを受けます」

破壊指輪
通常罠
自分フィールド上の表側表示モンスター1体を破壊し、お互いに1000ポイントダメージを受ける。

不知火「!これは…!」

神通「そう…、このダメージで陽炎は残りライフは0、」

神通 LP4000→3000

神通「破壊されたアマリリスの効果でさらに800のダメージを不知火に与えます」

陽炎「そんなっ…!?」

陽炎 LP700→0

不知火「くぅっ…!!」

不知火 LP1500→0

WINNER 神通



陽炎(えぇえええええええ!?私何もしてないんだけど!?)

不知火(何もできなかった…、これが「華の二水戦」旗艦、神通さんの実力…)

神通「二人とも、まだまだ隙が多すぎます」

神通「戦いが始まれば常に気を配り、相手の行動一つ一つに注意を払わなければいけません」

神通「自分の作戦を遂行するのは勿論ですが、それだけでは相手もやりたい放題です、対抗策も持っていなければこのように一瞬で沈みますよ」

陽炎「はい…」

不知火「肝に命じます…」

神通「それではもう一度行きますよ、今度は陽炎からです」

陽炎「え!?」

神通「最初の内は二人同時に、その後1人でのデュエルに移行しそれぞれが私から一本ずつ取れるまで続けますよ、さあ」

陽炎(マジ…?)

不知火(これ終わるのでしょうか…?)



こうして陽炎・不知火のお正月は神通との地獄の特訓(デュエル)で過ぎていくのであった…


つづく!

遊戯王✖艦これ デュエルSS 第2話 演習不可避!?陽炎&不知火VS神通 (前編)

お正月

陽炎「あ゛あ゛~、コタツはいいわ~」ぬくぬく

不知火「陽炎、だらしないですよ」

陽炎「別に良いじゃなーい、三が日なんだしさ~あ、ミカン取って」

不知火「新年ですよ?改めて身を引き締めるべきでは?」ミカンハイ

陽炎「正月くらいのんびりさせてよ~、日頃から妹たちの面倒やら、演習やらで疲れてるんだから~」アンガト

不知火「演習はともかく、陽炎が姉妹の面倒を見ているかどうかは疑問です」

陽炎「うっさい、長女には色々気苦労があんのよ、そう言う不知火だってさっきからコタツに入ったまんまじゃないのよ」

不知火「私は先ほど司令官にデュエルで挑戦してきました」

陽炎「ああ、お年玉チャレンジね、昨日吹雪が勝ったらしいわよ」

不知火「はい、それを聞いてなのか昨日より挑戦者が多かった気がします」

陽炎「アタシは昨日の朝に行っちゃったからね、アンタ勝てたの?」

不知火「…いえ、惜しくも負けてしまいました」

陽炎「あー、仕方ないわよ司令強すぎだし。どのみちお年玉は貰えるんだから気楽にやればいいのに」

不知火「勝負であれば何事も全力でいきます」

陽炎「そのモットー、疲れない?」

不知火「不知火に落ち度でも?」

陽炎「いや、真面目すぎるのもどうかと思うのよ、アンタ表情読みにくいから相手によっちゃあ勘違いされそうだし」

不知火「そうでしょうか?」

陽炎「弥生と良い勝負ね、姉として時々心配になるわけよ」

不知火「自分では表情は豊かなほうだと思いますが」

陽炎「どこがよ」

不知火「現に今、姉の急なやさしさアピールで困惑顔です」

陽炎「悪かったわね!てかアピール言うな!あざといみたいじゃない!」

不知火「冗談ですよ」

陽炎「まったく…」

不知火「半分は」

陽炎「半分マジなわけ!?どの半分よ!?」

不知火「表情は豊かと思っている部分です」

陽炎「だいぶ序盤だった!?じゃあやさしさに困惑なのはマジってこと!?」

不知火「熱でもあるんですか?」

陽炎「ないわよ!?姉が妹の心配しちゃダメか!?」

不知火「落ち着いてください、陽炎にしては珍しいと思っただけですよ、そうやって口に出すのは」

不知火「陽炎は姉妹にアレコレ言いませんから、黙って見守るスタンスと言いますか、とにかく面と向かって言うのは珍しいなと」

陽炎「確かにあんま口うるさくしたくないってのはあるけど、言うときは言うわよ」

陽炎「不知火は、悪く言うと無愛想で言い方もハッキリしてるから相手によっては威圧感すごいと思うのよ、だからもう少し柔らかくと言うか、優しくしないと周りから孤立していくんじゃないかと思ったの」

不知火「陽炎…」

不知火「心配かけていたようですみません。ですがご安心を、私にだって友人の1人や2人いますので」

不知火「最近ではみんなで『どうすれば良い笑顔を作れるか』について談義しました」

陽炎「なにその内容…ちなみにその友達メンバーってだれよ?」

不知火「弥生とグラーフさんにローマさん、最近では山風も入りました」

陽炎「いやにリアルなメンツね、結果どうなったの?」

不知火「現状維持で」

陽炎「それ解決してないじゃない」

不知火「なかなか良い案が出なくて、最後は山風が『もうほうっておいて』と言って出ていってしまい、」

不知火「ですがその後、あれは『ほうっておけば時間が解決するだろう』という意味なのだと気付きまして」

陽炎「たぶん違うと思うわ」

不知火「まさに名案、青天の霹靂」

陽炎「鳴った後雨降っちゃってるけどね、それ」

不知火「雨はいつか止むさ」

陽炎「やかましいわ」



陽炎「まぁ、なんにせよアンタが他の娘たちと何かしら関わりがあるようでよかったわ」

陽炎「やってることは先行き不安だけど」

不知火「お心遣い感謝します」

陽炎「あ~あ、話してたら眠くなってきた…」

不知火「コタツで寝ると身体に悪いですよ」

陽炎「と言っても特にやること無いし、」

コンコン

陽炎・不知火「「?」」

陽炎「はーい、開いてますよー」

神通「お二人とも、明けましておめでとうございます」ガチャ

陽炎「じ、神通さん!?明けましておめでとうございます!」正座

不知火「明けましておめでとうございます!今年もご指導御鞭撻、宜しくお願いします!」正座

神通「はい、こちらこそ宜しくお願いします」

神通「ところで二人とも、これから演習をしようかと思っているんですが、」

陽炎「え、演習!?」

不知火「で、ですが司令官はお正月中の演習は中止だと…」

神通「不知火、『中止』は決して『禁止』ではないのですよ」

神通「提督に申請すれば許可は降ります」

陽炎・不知火「「 」」

神通「と言うわけで二人ともいかがですか?」ニコ

陽炎(ちょ、どうするのよ!よりにもよって神通さんて!)

不知火(マズイです、ここで断れば次回どんなキツい訓練になるか)

陽炎(かといって今行ったら行ったで絶対キツいし!嫌よアタシは!アンタ行きなさいよ!)

不知火(な!?不知火だけ犠牲になれと!?先ほどの姉らしさはどうしたのですか!?)

陽炎(それとこれは別よ!妹なんだから姉の言うこと聞きなさい!)

不知火(さっきと言ってること違うじゃないですか!?)

神通「どうしました?」

陽炎「じ、神通さん!」

神通「はい、陽炎、何ですか?」

陽炎「アタシ達とデュエルしませんか!」

神通「はい?」

不知火(何言ってんですかアナタ!?)

陽炎(良いからアンタも合わせなさい!)

神通「…一応理由を聞いても?」

陽炎「はい!ご存知の通り、今はお正月です!鎮守府も三が日中は全面休みになっていますが、アタシは常に海で暴れたいと思っていました!」

陽炎「ですが、この陽炎気づきました!先日司令官にデュエルで敗北して以来、悔しさからそれを晴らすために体を動かしたいと思っていることに!」

陽炎「こんな状態では艦隊活動にて支障がでるのは必定!でも心は晴れない!演習はしたい!ですがせっかく司令官が皆にくださった休暇、それを無下にするのは申し訳ない!」

陽炎「となれば答えは簡単!デュエルの悩みはデュエルで解決するしかない!答えはいつでも闘い(デュエル)の中にあるとは司令の言葉!」

不知火(よくもまぁそんな口からデマカセを)

陽炎「不知火も先ほど司令に敗北して同じ気持ちだと言っていました」

不知火(ちょ!?)

神通「そうなのですか?」

不知火「は、はい!」

神通「…つまり私にデュエルの稽古をつけてほしいと?」

不知火「はい…」

陽炎「そ、そうです…」

神通「………」

陽炎・不知火「「」」ゴクリ

神通「………良いでしょう」

陽炎・不知火「「!!」」パアー

神通「ですがデュエルと言えど訓練は訓練、手加減はしませんよ?」

陽炎「はい!勿論です!」

不知火「ありがとうございます!」

神通「では二人とも、ヒトヨンフタマルにてデュエル場に集合です」

陽炎・不知火「「了解!!」」


後半へ続く!

遊戯王×艦これ デュエルSS 第1話 新年!提督VS吹雪 (後編)

「ハイパー・アルティメットバースト!!!」

白雪「吹雪ちゃん!!」

吹雪「トラップ発動!」

提督「何!?」

吹雪「聖なるバリア -ミラーフォース-!!」

聖なるバリア -ミラーフォース-
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。

提督「ミラーフォース・・・!?」

吹雪「これで究極竜は破壊です!」

白雪「すごい!吹雪ちゃん!」

提督「くっ、ならばお前のモンスターも道連れだ!」

提督「速攻魔法、エネミーコントローラー!」

吹雪「!」

エネミーコントローラー
速攻魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側表示モンスターの表示形式を変更する。
●自分フィールドのモンスター1体をリリースし、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

提督「第2の効果を使い、究極竜をリリース!スノーマン・クリエイターをコントロールする!」

吹雪「私のモンスターが!?」

提督「だがミラーフォースの効果は処理される、攻撃表示のスノーマン・クリエイターが破壊される!!」

吹雪「・・・くっ!」

提督「・・・ぬぅ!」

白雪(吹雪ちゃんすごい・・・司令官と互角に渡り合ってる・・・)

白雪(お互いの場はがら空き、手札もない・・・)

白雪(でも次は吹雪ちゃんのターン、まだ勝てるチャンスはある!)

白雪「頑張って!吹雪ちゃん!」

提督「やるな吹雪、攻め急いでしまったようだ。肝心なところで油断するとは、俺も司令官としてまだまだ未熟だな」

吹雪「そんなことありません。司令官はいつだって慎重に、私たちの安全を第一に考えて作戦を練ってくれます。
そしていくつもの奥の手を常に持っている、

そんな司令官をみんな尊敬してます!」

提督「買いかぶりすぎだと思うけどね?俺はただのデュエル好きな男だよ、まぁそれが功を奏して提督を任されたんだが・・・」

白雪(デュエル好きが功を奏した?どういうことだろう?)

提督「っと、まだデュエルの途中だった・・・、と言っても何もできないな、ターンエンドだ」

吹雪「私のターン!ドロー!」


提督 LP2700 

吹雪 手札1 LP4000

白雪(ここでモンスターを引ければ・・・)

吹雪「・・・」

吹雪「私はモンスターを・・・」

吹雪「裏守備でセットしてターンエンドです」

白雪(!!、攻撃しない?)

提督「俺のターン!ドロー!」


提督 手札1 LP2700

提督(手札0、場に何もないこの状況でモンスターを引いたのに攻撃してこなかった・・・)

提督(引いたモンスターの攻撃力が低かったのか、あるいは・・・)

提督「まぁどちらにせよ、やることは変わらないか!俺は銀龍の轟咆を発動!」

銀龍の轟咆
速攻魔法
「銀龍の轟咆」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのドラゴン族の通常モンスターを特殊召喚する。

提督「この効果で、俺は墓地の青眼の白龍を呼び戻す!」

青眼の白龍
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

白雪「また青眼が!」

吹雪(さすが司令官、ここ一番の引きも強い!!)

提督「バトルだ!伏せモンスターを攻撃!!」

「滅びの爆裂疾風弾(バースト・ストリーム)!!」

吹雪(でも私だって・・・!)

吹雪「私のモンスターは・・・メタモルポットです!」

メタモルポット
リバース 星2/地属性/岩石族/攻 700/守 600
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
お互いの手札を全て捨てる。その後、お互いはデッキから5枚ドローする

ATK3000 VS DEF600

吹雪「モンスターは破壊されますが効果は発動!お互いに手札が5枚になるようドローします!」

提督(一気に手札を補充したか、だがそれは俺も同じこと)

提督「バトルは終了、ターンエンドだ」

吹雪「ここから一気に行きます!ドロー!」


吹雪 手札6 LP4000

吹雪「私は場のウォーターハザードの効果を発動!手札からブリザード・ファルコンを特殊召喚!」

リザード・ファルコン
星4/水属性/鳥獣族/攻1500/守1500
このカードの攻撃力が元々の攻撃力よりも高い場合に発動できる。
相手ライフに1500ポイントダメージを与える。
この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できず、
「ブリザード・ファルコン」の効果は1ターンに1度しか使用できない

吹雪「続けてスノーマン・クリエイターを通常召喚!」

吹雪「スノーマン・クリエイターの効果発動!青眼にアイスカウンターを2つ乗せます!」

吹雪「さらにフィールド魔法、ウォーターワールド!!」

ウォーターワールド
フィールド魔法
フィールド上に表側表示で存在する水属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップし、
守備力は400ポイントダウンする。

白雪「フィールドが海上になった!」

提督「なるほど、お前たち艦娘の得意な戦場に移したか!」

吹雪「行きますよ司令官!この効果で私の場のモンスターは全て、攻撃力が500アップ!」

スノーマン・クリエイター
ATK1600➔2100

リザード・ファルコン
ATK1500➔2000

吹雪「この瞬間、ブリザード・ファルコンの攻撃力が上がったことで効果を発動!」

吹雪「司令官に1500ポイントのダメージ!」

提督「うぉおおおおーーー!!」

提督 LP2700➔1200

吹雪「まだです!私は2体のレベル4、水属性モンスター2体でオーバーレイ!!」

吹雪「エクシーズ召喚!ランク4、スノーダスト・ジャイアント!!」

スノーダスト・ジャイアン
エクシーズ ランク4/水属性/獣戦士族/攻2200/守 800
水属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
手札の水属性モンスターを任意の数だけ相手に見せ、
見せた数だけフィールド上に表側表示で存在するモンスターにアイスカウンターを置く。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、水属性以外のフィールド上のモンスターの攻撃力は、
フィールド上のアイスカウンターの数×200ポイントダウンする。

「ズゥオオオオオーーン!!!」

吹雪「スノーダスト・ジャイアントの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、
手札の水属性モンスター、私はブリザード・ドラゴンとアイス・ブリザード・マスターを見せて
ジャイアントにアイスカウンターを2つ乗せます!」

吹雪「これにより場のアイスカウンターの数は4個、青眼の攻撃力は800ポイントダウン!
ジャイアントはフィールド魔法の効果で攻撃力アップ!」

青眼の白龍
ATK3000➔2200

スノーダスト・ジャイアン
ATK2200➔2700

白雪「攻撃力が逆転した!」

吹雪「バトル!スノーダスト・ジャイアントで青眼の白龍に攻撃!!」

「ビッグ・アバランチ!!」

ATK2700 VS ATK2200

提督「ぐぉおおおおおおおお!!」

提督 LP1200➔700

吹雪「私は場にカードを1枚伏せて、ターンエンドです!」

提督(やるな吹雪・・・メタモルポットからの手札増強、魔法とモンスター効果を組み合わせたコンボは見事だ・・・)

提督(だが唯一の欠点は・・・俺の手札も満たされていること)

提督「俺のターン!ドロー!!」


提督 手札6枚 LP700

吹雪(私の場にはアイスカウンターが2つ乗ったスノーダスト・ジャイアントがいる)

吹雪(そのモンスター効果で水属性以外のモンスターは攻撃力が400下がる・・・)

提督(・・・よって、たとえ青眼を出したとしても攻撃力が2600に下がってしまい倒せない)

提督(しかし・・・)

提督「俺は手札から、光の導きを発動!」

光の導き
装備魔法
(1):自分フィールドに他の「光の導き」が存在せず、自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが3体以上存在する場合、
その内の1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターの効果を無効にして特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
(2):装備モンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、
自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが存在する場合、
装備モンスターはその数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

提督「墓地から真青眼の究極竜を蘇生する!」

吹雪「!」

青眼の究極竜
ATK4500➔4100

提督「装備魔法によって効果は無効になるが、墓地には4体のブルーアイズがいる、
よって究極竜は4回の攻撃が可能!」

白雪(攻撃力4100の4回攻撃!?)

提督「これで終わりだ吹雪!真青眼の究極竜で攻撃!」

「ハイパー・アルティメット・バースト!!!」

吹雪(さすがです司令官・・・司令官なら必ず、青眼より強力なモンスターを出してくると思ってました・・・)

ATK4100 VS ATK2700

吹雪 LP4000➔2600

吹雪「だからこの勝負、私の勝ちです!」

提督「!」

吹雪「リバースカード、オープン!」

吹雪「トラップカード、エクシーズ熱戦!」

エクシーズ熱戦!
通常罠
自分フィールド上のエクシーズモンスターが戦闘によって破壊された時、1000ライフポイントを払って発動できる。
お互いのプレイヤーは、破壊されたモンスターのランク以下のランクを持つエクシーズモンスター1体をそれぞれのエクストラデッキから選んで相手に見せる。
攻撃力の低いモンスターを見せたプレイヤーは、相手が見せたモンスターの攻撃力と、自分が見せたモンスターの攻撃力の差分のダメージを受ける。
相手がモンスターを見せなかった場合、自分が見せたモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

吹雪 LP2600➔1600

提督「エクシーズ・・・熱戦・・・!!」

吹雪「お互いに破壊されたエクシーズモンスターのランク以下のエクシーズモンスターをエクストラデッキから見せ合います!」

吹雪「私はランク3の発条空母ゼンマイティを見せます!」

吹雪「さあ!司令官は何を見せます?」

提督「俺のデッキに・・・ランク3以下のエクシーズは・・・・・・いない」

吹雪(そう、青眼デッキはその性質上、高レベル、高ランクモンスターで構築されている)

吹雪(ランクが低いエクシーズモンスターは入る余地がない!)

吹雪「では見せなかった司令官には私のモンスターの攻撃力分・・・」

吹雪「1500ポイントのダメージを受けてもらいます!!」

提督「見事だ吹雪・・・うああーーーー!!!!」

提督 LP700➔0

WINNER 吹雪


ーーーーーーーーーーーーーーー

吹雪「やったーーーーー!!!!司令官に勝ったーーー!!!!!」

白雪「やったね!吹雪ちゃん!」

吹雪「ありがとう!白雪ちゃん!」

提督「いやー、実に見事な戦術だったぞ吹雪」

吹雪「司令官!」

提督「お前みたいな艦娘がいれば俺も安心だ、今年も頼んだぞ、吹雪」

吹雪「はい!ありがとうございます!司令官!」

提督「うむ!それはそうと景品とお年玉だ!おめでとう吹雪、本日最初の勝利者だぞ!」

白雪「おめでとう!吹雪ちゃん!」

吹雪「はい!特型駆逐艦 吹雪、今年も頑張って行きます!」


つづく

遊戯王×艦これ デュエルSS 第1話 新年!提督VS吹雪(前編)

新年


吹雪「はっはっはっ、」タッタッタ

白雪「吹雪ちゃーん、早く早く!」

吹雪「はぁ、はぁ、ごめーん!白雪ちゃん、今どんな感じ?」

白雪「まだ誰も勝ててないよ、今朝霜ちゃんが闘ってる」

白雪「あ、そろそろ終わるかな?」

「滅びの爆裂疾風弾(バースト・ストリーム)!!」

朝霜「うわぁああ!!!?」

Winner 提督

朝霜「くっそー!惜しいところまでいったのにぃ!」

提督「いやいや強かったぞ、この調子で今年もよろしくな」

提督「ほい、お年玉」

朝霜「おう!サンキュー!今年こそ提督を負かしてやるかんな!見とけよ!」

提督「ああ、いつでも挑戦しに来い」


吹雪「朝霜ちゃんも勝てなかったかぁ~」

白雪「さすが司令官」

こんにちは!吹雪です!新年あけましておめでとうございます!
私たちの鎮守府も三が日はお休みです。みなさんそれぞれでお正月を楽しく過ごしてます。
空母や戦艦等の大人の方たちは毎日お酒を飲んで騒いでます。軽巡重巡は外に出かける人が多いです。
そして私たち駆逐艦はというと、司令官にデュエルで挑戦しています。

提督「よーし!次の挑戦者は誰だー?」

司令官は毎年みんなにお年玉をくれますが、今年はさらにデュエルで司令官に勝つことができれば間宮券が貰えます。
でもさすがに全員挑むと人数が多いので、暗黙の了解として挑戦するのは駆逐艦及び潜水艦の子たちです。

白露「はーい!今年いっちばーんに提督に勝っちゃうよー!」

白雪「次は白露ちゃんだね」

吹雪「そのあとも白露型のみんなかぁ、結構並んじゃってるなぁ・・・」

白露型<ポイー!

陽炎型<シラヌイニ落度デモ?

第六駆逐隊<ナノデス!

潜水艦<デッチ!

一航戦<上々ネ

吹雪「・・・」

吹雪「・・・んん!??」

吹雪「赤城さん!?加賀さん!?」

赤城「あら、吹雪さん、明けましておめでとうございます」

加賀「明けましておめでとう」

吹雪「あ、あけましておめでとうございます・・・って、なんでお二人がここに!?」

赤城「なんでって私たちも提督に挑戦しに来たんですよ」

吹雪「それって・・・間宮券のために?」

加賀「舐めないでほしいわね、私たちは純粋に実力試しとして挑戦するのよ」

赤城「ええ、こういう時じゃないと私たちも提督とデュエルできませんから」

吹雪「あ、じゃあ勝っても間宮券は受け取らないんですか?」

加賀「それとこれは話が別よ」

吹雪「え」

赤城「吹雪さん・・・提督がせっかくみんなのために催しをしてくださっているのだから、それに従わないというのは逆に失礼だと思わないかしら?」

加賀「私たちは景品にこれっぽっちも興味はないけれど、もしルール上それが勝者に与えられるのであれば黙って貰うのが礼儀よ」

赤城「祝勝の場で空気を読めないと思われても嫌ですからねぇ」

吹雪「は、はぁ・・・」

白雪(ここに並んでる時点で空気読めてないと思いますけど・・・)

赤城「でもあくまでこれはイベントですから、私たちも気楽に挑戦させてもらいますよ」

加賀「赤城さん、どうやら提督は青眼とブラックマジシャンの二つのデッキを使っているようです」

赤城「慢心してはダメよ加賀さん、あの提督のことですからまだ使っていないデッキがあるかもしれないわ」

加賀「そうですね、もう少し駆逐艦の子たちのデュエルを見て対策を練りましょう」

赤城「ええ、あわよくば提督のデッキの弱点なども先の子たちとのデュエルで解れば・・・」

吹雪(やる気満々だ!)

白雪(しかもなんだか姑息です!)

「ちょっと二人とも!!」

赤城・加賀「あ」

吹雪「瑞鶴さん!」

瑞鶴「小さい子達に混ざって何やってんのよ!?恥ずかしいからやめてよ!!」

加賀「ちょ、待ちなさい瑞鶴」引っ張られ

瑞鶴「問答無用!いいからもう行くわよ!!」

一航戦「「あ~れ~」」ズルズル

吹雪「」

白雪「」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吹雪「やっと順番が回ってきたね」

白雪「吹雪ちゃん、がんばって!」

提督「お、次は吹雪か」

吹雪「司令官!明けましておめでとうございます!」

提督「あぁ、明けましておめでとう、今年もよろしくな」

吹雪「はい!よろしくお願いします!じゃあさっそく・・・」

提督「ああ」

「「デュエル!!」」


提督 VS 吹雪
LP4000  LP4000

提督「先行後行はどうする?」

吹雪「先行でお願いします!」

提督「解った、来い!吹雪!」

吹雪「行きます!私のターン!」

吹雪 手札5 LP4000

吹雪「私はモンスターを裏守備でセット!さらにカードを1枚伏せてターンエンドです!」

提督「最初は様子見か、私のターン!ドロー!」


提督 手札6 LP4000

提督「来い、ロード・オブ・ドラゴン!!」

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-
星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守1100
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いのプレイヤーはフィールドのドラゴン族モンスターを効果の対象にできない。

提督「一気に行くぞ!ドラゴンを呼ぶ笛!」

吹雪「!?」

ドラゴンを呼ぶ笛
通常魔法
(1):手札からドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚する。
この効果はフィールドに「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」が存在する場合に発動と処理ができる。

提督「この魔法効果により、手札からドラゴン族を特殊召喚!」

提督「現れろ、青眼の白龍!」

青眼の白龍
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

グオーーーーー!!!

提督「バトルだ!青眼で吹雪の伏せモンスターに攻撃!」

「滅びの爆裂疾風弾!!」

吹雪「くっ・・・でも私のモンスターはスノー・ドラゴンです!」

スノー・ドラゴン
星4/水属性/ドラゴン族/攻1400/守 900
このカードが戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、
フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターにアイスカウンターを1つ置く。

ATK3000 VS DEF900

吹雪「スノー・ドラゴンは破壊されますが、効果発動!モンスターすべてにアイスカウンターを置きます!」

吹雪「続けて罠発動!激流蘇生!」

提督「!」

激流蘇生
通常罠
自分フィールド上の水属性モンスターが戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
その時に破壊され、フィールド上から自分の墓地へ送られたモンスターを全て特殊召喚し、
特殊召喚したモンスターの数×500ポイントダメージを相手ライフに与える。
「激流蘇生」は1ターンに1枚しか発動できない。

吹雪「これによりスノー・ドラゴンを守備表示で蘇生!さらに司令官に500ポイントのダメージです!」

提督 LP4000➔3500

提督「ぐっ」

白雪「やったぁ!初ダメージ!」

白雪(あれ?でも守備表示?攻撃表示にすればもう一体の攻撃を止められるのに・・・)

提督(・・・狙いは俺のモンスターにアイスカウンターを乗せることか、良かろう!)

提督「ロード・オブ・ドラゴンで復活したスノー・ドラゴンを攻撃!」

ATK1200 VS DEF900

吹雪「再びスノー・ドラゴンは破壊され、モンスターにアイスカウンターを置きます!」

提督(これで俺のモンスター全てにアイスカウンターが2つずつ乗ったか)

提督「ターンエンドだ!」

吹雪「私のターン!ドロー!」


吹雪 手札4 LP4000

吹雪「私は手札から永続魔法、ウォーターハザードを発動します!」

ウォーターハザード
永続魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、手札からレベル4以下の水属性モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

吹雪「効果発動!手札からコールド・エンチャンターを特殊召喚!」

コールド・エンチャンタ
星4/水属性/水族/攻1600/守1200
手札を1枚捨てて発動できる。
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、アイスカウンターを1つ置く。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカードの攻撃力は
フィールド上のアイスカウンターの数×300ポイントアップする。

吹雪「続けて、通常召喚!スノーマン・クリエイター!」

スノーマン・クリエイター
星4/水属性/機械族/攻1600/守1000
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールド上の水属性モンスターの数と同じ数だけ、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターにアイスカウンターを置く。
この効果で置いた数が3つ以上の場合、さらに相手フィールド上のカード1枚を選んで破壊できる。

吹雪「召喚時、スノーマン・クリエイターの効果発動!私の場の水属性は2体、よってアイスカウンターを2つ、
ロード・オブ・ドラゴンに乗せます!」

吹雪「これによりフィールド上のアイスカウンターは合計6個!コールド・エンチャンターは自身の効果で攻撃力を1800ポイントアップ!」

コールド・エンチャンタ
ATK1600➔3400

白雪「すごい!青眼を超えた!」

吹雪「バトルです司令官!まずはコールド・エンチャンターで青眼を攻撃!」

ATK3400 VS ATK3000

提督「くっ・・・」

提督 LP3500➔3100

吹雪「続けてスノーマン・クリエイターでロード・オブ・ドラゴンを攻撃!」

ATK1600 VS ATK1200

提督 LP3100➔2700

白雪「すごいすごい!青眼を倒した!」

吹雪「バトルは終了、メインフェイズ2に入りカードを1枚伏せてターン終了です!」

提督「やるな吹雪、だが俺も簡単には負けん!ドロー!」


提督 手札4 LP2700 

提督「まずは魔法カード、ドラゴン・目覚めの旋律を発動」

ドラゴン・目覚めの旋律
通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。

提督「手札のカード、伝説の白石を捨て、デッキから青眼の白龍と青眼の亜白龍を手札に加える」

提督「そして墓地に送られた伝説の白石の効果が発動、デッキの残りの青眼の白龍も手札に加える」

伝説の白石
チューナー
星1/光属性/ドラゴン族/攻 300/守 250
このカードが墓地へ送られた時、デッキから「青眼の白龍」1体を手札に加える。


提督「準備は整った、行くぞ!」

提督「手札の青眼の白龍を相手に見せることで、青眼の亜白龍を特殊召喚!」

青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。
この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

提督「効果発動!吹雪、お前のコールド・エンチャンターを破壊する!」

吹雪「う・・・、でもこれで亜白龍は攻撃できません!」

提督「甘い甘い!準備は整ったと言ったはずだ!」

提督「続けて魔法カード、融合を発動!」

提督「手札の青眼2体、場の青眼の白龍となっている亜白龍3体で融合する!」

吹雪「3体融合!?これは・・・!」

提督「いでよ!真青眼の究極龍!!!」

青眼の究極竜(ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)
融合 星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800
青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍
「真青眼の究極竜」の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、
エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる。
(2):自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する。

吹雪「攻撃力4500!?」

白雪「あわわわわ・・・」

提督「バトルだ吹雪!真青眼の究極竜の攻撃!!」

「ハイパー・アルティメットバースト!!!」

白雪「吹雪ちゃん!!」

吹雪「・・・!」


後半へ続く!!

プレミアムパック19 解説SS ARC-V編 (遊戯王x艦これ)

提督「ついにこれで最後だ」

響「ARC-Vのカードだね」

電「楽しみなのです!」

雷「司令官!早くみましょう!」

提督「おう!さっそk「みつけたわ!」」

全員「?」

暁「ようやく見つけたわよ!」

雷「あら、暁じゃない?どうしたのよ?」

暁「どうしたの?じゃないわよ!遠征から帰ってきたら部屋に誰もいないし!」

暁「待ってても誰も帰ってこないし!探し回ってみたら、なんか楽しそうなことしてるし!」

暁「暁だけ仲間外れにするなんて!」ぷんすか

電「はわわ・・・暁ちゃん誤解なのです」

雷「そうよ!仲間外れだなんて!」

提督「・・・暁」

暁「な、なによ司令官・・・」タジ

提督「暁、・・・さすがだ」

暁「・・・へ?」

雷・電・響「???」

提督「『主役は遅れて登場する』」

提督「これを自ら実践するとは・・・その心意気、俺は感服したぞ」

提督「まさしくヒロイン、いやレディといったところか」

提督「最後を飾るに相応しい登場だった、

提督「さすがは暁型1番艦にして長女、暁だ」

提督「これで最後の解説も大いに盛り上がるだろう」

暁「え?あ・・・うん・・・そ、そうよ!当然よ!暁は立派なれでぃーなんだから!」

提督「よし、それでは主役も揃ったことだし・・・暁、カードを見ていくぞ!」

暁「任せて司令官!」

提督(チョロイ)

雷(ちょろいわね)

電(ちょろいのです)

響(ちょろいね)

 

提督「それじゃあ恒例のまずはモンスターからだ!」

 

提督「EMバラードだ!」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160055j:plain

暁「ペンデュラムモンスターね!」

提督「ペンデュラムモンスターはモンスター効果とペンデュラム効果があるのが特徴だ」

提督「ペンデュラム効果はEMが相手と戦闘を行うときに相手の攻撃力を600ダウンする」

提督「そしてモンスター効果はEMが攻撃した後、相手モンスターの攻撃力をそのEMの攻撃力分ダウンさせる効果だ」

雷「どちらも相手を弱体化させる効果ね」

提督「相手を戦闘破壊をしやすくなるから、戦闘破壊で効果を発動させるEMヘイタイガーやハンサムライガー、ダメージを倍にするオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン等相性がいいな」

 

提督「お次は同じくEMバラクーダだ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160131j:plain

提督「ペンデュラム効果はEMが相手と戦闘するとき、その相手モンスターの攻撃力は元々の攻撃力の差分だけダウンする」

提督「モンスター効果はEMモンスターの攻撃力を、その元々の攻撃力との差分だけアップさせる効果だ」

暁「???」

響「司令官もうちょっと詳しく」

提督「ああ」

提督「モンスターの攻撃力、守備力というのは自身や他のカードの効果で変化することがある」

提督「さっきのEMバラードのようにな」

提督「このカードに書かれている「元々の攻撃力の差分」というのはこれらの効果でモンスターの攻守が変化しているとき、そのモンスターカードに記載されている数値から増減してる分の差の数値のことだ」

電「ということはこのカードは単体ではあまり意味はないのですね?」

提督「その通りだ、バラクーダのどちらの効果も他のカードと組み合わせて初めてその威力を発揮する、コンボ向けのカードだな」

 

 

提督「さて、お次もペンデュラムモンスターだが、また一味違うぞ」

提督「ペンデュラム・チューナーモンスター、SRドミノバタフライだ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160158j:plain

提督「モンスター効果はシンクロ素材に使うときの制限だ。このカードは風属性のドラゴン族か機械族のシンクロモンスターの召喚にしか使えない」

提督「そしてエクストラデッキから出されたこのカードはシンクロ召喚に使用されたら除外される」

提督「そしてペンデュラム効果は手札の風属性を捨てて、除外されている風属性モンスターを手札に加える効果だ」

響「間接的に自身の効果を補完しあってるね」

提督「そうだな、除外されてももう一枚このカードを持っていれば、ペンデュラム効果で除外された最初の一枚を持ってこれる」

提督「そしてシンクロ先の制限もSRで使うならさほど気にならないだろう」

 

 

提督「最後のモンスターは融合モンスター、デストーイ・デアデビルだ!」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160229j:plain

提督「効果は戦闘で相手モンスターを破壊したら相手に1000ポイントのダメージを与え、自身が場から離れたら自分の墓地のデストーイモンスターの数x500のダメージを与える」

暁「攻撃力3000もあるじゃない!?」

雷「しかも素材指定がだいぶゆるゆるなのです!」

提督「結構手軽に出せるデストーイだから、ファーニマルデッキにはすぐ入れられるだろうな」

雷「卯月がまたつけあがるわね」

 

提督「続いては魔法だ、デストーイ・リニッチ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160306j:plain

提督「効果はいたってシンプル、墓地のデストーイを蘇生する」

提督「そして墓地のこのカードを除外し、除外されている「ファーニマル」か「デストーイ」モンスターを墓地に戻す」

響「墓地に戻してまた蘇生するってことかな?」

暁「でもそもそも都合よく除外なんてされるのかしら?」

雷「ファーニマルには墓地融合する魔玩具融合があるわ」

雷「この時素材は除外されちゃうの」

響「なるほど、そしてもう一度墓地融合も狙えるわけだね」

 

提督「話に上がった融合だが、これも新しい融合カードだ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160330j:plain

提督「ペンデュラム・フュージョン

提督「効果は一見、自分フィールド上に限定された融合だがペンデュラムゾーンにカードが2枚セッティングされていればそれらも素材にできる」

雷「これでペンデュラムを使うデッキに融合ギミックも入れられるようになるわね!」

提督「そうだな、魔術師やオッドアイズでは元々融合召喚も入れられたから、これもすんなり入るはずだ」

 

提督「最後を飾るのは罠カードR・R・Rだ」

 f:id:Eiennoduelist:20161222160358j:plain

提督「自分の場のRRモンスター1体の同名モンスターをデッキから特殊召喚する効果だ。そしてそのモンスターがいる限り、相手はオリジナルのRRを攻撃・効果の対象にできない」

提督「RRはエクシーズ召喚が主体だから同じレベルのモンスターを並べることで戦術を決めやすくなるな」

暁「もしもの時は相手ターンに使って壁にも使えるわね!」

提督「その通り、攻撃の起点、咄嗟の防御にも使える面白いカードだ」

 

雷「これで全部ね!」

響「あっという間だったね」

電「電は途中からだったけど楽しかったのです!」

暁「最初のほうのカードも見たいわ!」

提督「よしよし、それじゃあみんなにカードを配って軽くデュエル大会でもするか!」

暁・響・雷・電「「「「おー(なのです)」」」」

 

 

 

 

???「へぇ、そんな余裕があるんですか提督?」

 

 

 

提督「は!?その声は・・・!?」

大淀「提督にはまだデイリー任務にウィークリー任務、はては書類も溜まっています。デュエルする暇などないかと思われますが?」

提督「いや・・・でもせっかく買ってきたんだし、みんなに配ってこないと・・・」

大淀「ではそれは第六駆逐隊の方々にお任せして、提督は速やかに執務へ」

暁「司令官!暁たちに任せて!」

電「安心してお仕事してくださいなのです」

響「ハラショー」

提督「くっ・・・い、雷・・・」

雷「ごめんね司令官!私もデッキ作らなきゃ!」

提督「」

 

大淀「では行きましょう提督」

提督「くっそー!!」

 

 

おわり。

 

プレミアムパック19 解説SS Zexal編 (遊戯王x艦これ)

???「みんな何してるのです?」

提督「ん?」

雷「あ!電じゃない!」

響「司令官と先行パックの開封だよ」

雷「ちょうどいいわ!電も一緒に見ましょう!」

電「・・・司令官さん、デイリー任務は大丈夫なのですか?」オオヨドサンガサガシテタノデス

提督「・・・・・・・・・・・・・・・大丈夫だ、問題ない

響(だいぶ間があったね)

雷「大丈夫よ司令官!私がいるじゃない!」

提督「やさしいなぁ、雷は」ナデナデ

雷「えへへ~」

電「むぅ~」

提督「っと、いかんいかん、続きを見ていこうか」

雷「そうだったわ!ほら、電もせっかくだし一緒に!」

電「はぁ、わかったのです、ちょっとだけ・・・」

提督「では行ってみよう!」

 

提督「まずはモンスターから、ONiサンダーだ!」

 f:id:Eiennoduelist:20161220000854j:plain

提督「召喚時に雷族・光属性・レベル4モンスターを手札に加える効果だ」

雷「これで一家勢ぞろいね!!」キラキラ

響「一家?」

提督「このモンスターは漫画でサンダー・スパークっていうキャラが使ったカードでな。ほかにOToサンダー、OKaサンダー、ONeサンダーがいるんだが、こいつだけOCG化してなかったんだよ」

響「ああ、そういえば雷のデッキに入ってたね」

雷「OKaサンダーは私のフェイバリットカードだからね!」

提督「実際この4枚は雷族・光属性・レベル4で統一されてるから相性が良い」

電「よかったですね、雷ちゃん!」

雷「ええ!」

 

提督「お次はZexalと言えばこれ、ナンバーズだ!」

提督「ランク7、No.28タイタニック・モス!」

 f:id:Eiennoduelist:20161220000924j:plain

電「はわわ・・・おっきい蛾なのです」

雷「ちょっと女の子は苦手かもしれないわ・・・」

提督「効果は自身以外のモンスターがいなければ直接攻撃できる、ダメージは半分になるけどな」

提督「だがその後、エクシーズ素材を取り除いて相手の手札x500ポイントのダメージを追加で与えられる」

響「なかなか侮れないダメージ量だね」

提督「そうだ、最近の環境はハンドアドバンテージを重視するデッキを使う傾向にあるし、もし相手が増殖するGを使ってきたらドローさせた後にこいつを叩き込めばとんでもないダメージになる」

電「恐ろしいのです・・・」

 

提督「そしてもう一枚のナンバーズ、No.70デッドリー・シン」

 f:id:Eiennoduelist:20161220001001j:plain

電「今度は蜘蛛なのです!?」

雷「うわぁ・・・」

提督「こいつも面白いぞ、エクシーズ素材を取り除いて相手モンスターを次の相手スタンバイフェイズまでゲームから除外する」

提督「さらに攻撃後、自身の攻撃力を300、ランクを3上げる」

提督「つまり最初の効果でモンスターをどけて、もうひとつの効果を使いやすくできる」

響「噛み合ってるね」

提督「除外するのがエクシーズモンスターならエクシーズ素材を取り除けるし、強化されていればリセットもできるな」

響「ランクを上げるのは、そんなに役に立つのかい?」

提督「・・・実は前回のプレミアムパックでランク10のモンスターに重ねて召喚できるエクシーズモンスターが出てな」

響「なるほど、それのサポートというわけだ」

提督「ああ、セブン・シンズというカードなんだが・・・見る?」

雷・電「「見ない(のです)」」

響(あ・・・(察し))

※気になる人は検索してね

 

 

提督「さて、最後は魔法カード連鎖召喚だ」

 f:id:Eiennoduelist:20161220001052j:plain

提督「自分の場にエクシーズモンスターが2体以上いるとき、そのうちのランクが低いほうのモンスターよりランクが低いエクシーズモンスターを特殊召喚できる」

雷「でも出したモンスターはエクシーズ素材がないから効果を使えないわよね?」

電「しかもエンドフェイズに戻っちゃうのです」

提督「そう、だから何かしらのコンボが前提になるだろう。玄人向けだな」

電「たとえばどんな方法があるのです?」

提督「そうだな・・・手っ取り早いのはランクアップさせてデメリットを打ち消す方法だな。ほかにはエクシーズ素材を無理やりつけて効果を使用する手もある」

雷「そこは使い手次第ね!」

 

響「Zexalのカードはここまでだね」

提督「個人的にはナンバーズが着々と揃ってきたのが嬉しいな」

雷「私はONiサンダーがうれしかったわ!」

電「司令官さん、次はARC-Vですか?」

提督「そうだ、次で最後だが一番カードが多いぞ!」

電「お楽しみはこれからなのです!」

 

つづく

 

プレミアムパック19 解説SS 5Ds編 (遊戯王x艦これ)

提督「それじゃあ漫画版5Dsのカードを見ていくぞ!」

雷「おー!」

響「おー」

提督・雷「!?」

響「?」

雷「響!?いつの間に!?」

響「たったいま来たところだよ」

提督「声くらいかけろよ・・・ビックリした」

響「ドアが開けっぱなしだったし、二人とも夢中だったからね、かけづらかった」

雷「まぁいいわ!響も一緒に新カードを見ていきましょう!」

響「スパシーバ」

提督「じゃあ改めて行くぞ」

 

提督「まずはモンスターから、風来王ワイルド・ワインド」

 f:id:Eiennoduelist:20161218203334j:plain

提督「自分の場に攻撃力1500以下の悪魔族チューナーがいれば手札から特殊召喚でき、墓地に自分がいれば除外してデッキから攻撃力1500以下の悪魔族チューナーを手札に加えられる」

雷「シンクロ召喚の素材にはうってつけね!」

提督「実際漫画でジャックが使ったカードだしな、攻撃力1500以下の悪魔族チューナーもリゾネーターを意識してのものだろう」

提督「シンクロに使った後のアフターケアも備わっててなかなか優秀だ」

響「墓地に行っても新しいモンスターに転生する・・・不死鳥のようだね」キラキラ

提督(テンション上がってる・・・)

雷(それを言いたかったのかしら・・・)

 

提督「お次はシンクロモンスター、天輪の双星道士だ」

 f:id:Eiennoduelist:20161218203403j:plain

響「レベル2のシンクロチューナーだね」

提督「シンクロ召喚時に手札・墓地からレベル2モンスターを4体まで特殊召喚できる」

雷「ということは4・6・8・10のシンクロ召喚先から選べるわね」

提督「だが問題は自身もレベル2のシンクロだからな、こいつを使うとしたらレベル1のチューナーとそれ以外のレベル1モンスターもデッキに入れないといけない」

提督「かといってレベル2を入れないと肝心の効果を生かせないから構築には注意だな」

響「デュエリストとしての腕の見せ所だね」

 

提督「さて次は魔法カード、ネクロイド・シンクロ」

 f:id:Eiennoduelist:20161218203437j:plain

提督「墓地からチューナーとチューナー以外のモンスターを2体まで除外して「スターダスト」モンスターをシンクロ召喚扱いとして特殊召喚する」

雷「効果が無効になっちゃうから、なるべく攻撃力が高いのを呼び出したいわね!」

響「そうなるとスターダスト・クロニクルかスターダスト・ウォリアーかな?」

提督「そうだな、それらはフィールド外で発動する効果もあるから相性抜群だろう。だがあえてレベルの低いスターダストを呼ぶことでクエイサーやシフルを呼ぶための準備をするのもありだと思うぞ」

響「スターダスト・チャージ・ウォリアーやアサルト・ウォリアーだね」

 

提督「5Ds最後のカードは罠カード、シンクロコールだな」

 f:id:Eiennoduelist:20161218203506j:plain

提督「墓地のモンスターを蘇生させ、一気にシンクロ召喚する効果だ」

提督「シンクロ先のねらい目はやはりレッド・デーモン系だろうな」

雷「リビングデッドの呼び声と緊急同調が合わさったような効果ね!お得だわ!」

提督「ただ注意が必要なのは先ほどのネクロイド・シンクロとは違い、こっちはちゃんとしたシンクロ召喚だからシンクロ先の素材指定は無視できないからな」

雷・響「はーい」

 

提督「という感じだな」

雷「5Dsの新カードはあまりテーマに縛られていない感じね、汎用性があるというかいろんなデッキに組み込めそうだわ!」

提督「5Dsはシンクロモンスターがメインだったからな、BFとかカテゴリーがあるやつもいたが」

響「司令官、次はZexalかい?」ワクワク

提督「ああ、ここからはエクシーズモンスターだ!」

雷「かっとビングね!」

 

つづく